本文へスキップ

 超音波探触子の研究・開発を行う専門メーカー

TEL. 044-277-0122

〒210-0803 神奈川県川崎市川崎区川中島2丁目16番18号

NS+システムについて

NS+システム外観

概要

道路標識柱や照明柱などの道路付属物は、高度成長期に設置されたものが非常に多く設置後40年以上 経過しているものも現存し、路面境界部の腐食が多く見受けられ倒壊の危険性が指摘されています。
従来の点検方法である「目視・掘削・板厚調査・復旧」の効率化を図るスクリーニング技術として開発されたのがNS+システムです。
路面境界部で発生するノイズ波形と腐食波形を特許技術により識別子腐食の有無(板厚減少率10%以上)ならびに腐食を定量的に評価することが 可能となりました。

特徴

・掘削を行わずに腐食の有無を判別可能
・腐食部の板厚減少率(%)、板厚減少値(mm)、残存板厚(mm)を推定可能
・厚さ測定器としても使用可能
・2名で調査作業を行うため、道路規制等の削減が可能
・講習会を受講することで誰でも調査可能
・測定動画を確認することで腐食の「見える化」を実現

構成機器・仕様

 測定方式   :二探触子パルス反射法
 センサー   :縦波斜角振動子(二振動子型探触子) NS+探触子
 受信帯域   :0.1〜1.0MHz(探傷時)
         5〜10MHz(板厚測定時)
 測定可能範囲 :20〜1000mm(探傷時)
         1.00〜12.00mm(板厚測定時)
 データ保存容量:静止画 合計 12,000枚
         動画 4000件
 寸法     :W350×H270×D120(突出部含む)
 重量     :約3.0Kg
 使用可能時間 :約12時間(スリープモード機能付き)
 通信ポート  :USB
 使用環境   :-10〜+50℃(防塵・防滴仕様)

検出対象物

・材質:鉄鋼、アルミニウム、ステンレス
・形状:丸パイプ、角パイプ、楕円形、プレート
・被覆状況:亜鉛メッキ、塗装
・対応板厚及び深さ:t=2.3〜3.2mm...GL-100mm
          t=3.3〜8.0mm...GL-150mm
          t=8.0〜12.0mm..GL-300mm

解析・評価報告書

NS+システム報告書



この製品のお問い合わせについてはこちら
NS+システム連絡先

バナースペース

株式会社検査技術研究所

〒210-0803
神奈川県川崎市川崎区川中島2丁目16番18号

TEL.  044-277-0122(技術)
     044-277-0121(代表)
FAX.  044-277-0120